ここにサイトのキャッチコピーを入力する


査定のポイント 車種(中古市場での人気度)
現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的(古典的)で実用性や日常での
使い勝手にやや乏しいセダンやクーペ、3ドアハッチバックタイプのほか、
後述する一部のSUVや大型ピックアップを除く国内メーカーによる海外生産車種は
査定が安く、逆に実用性や日常での使い勝手にやや有利なミニバンやオフロード系4WD、
ステーションワゴン(大きな分類として"SUV"スポーツユーティリティビークルと呼ばれる)、
5ドアハッチバックなどのタイプは査定が高い傾向にある。

しかしミニバン・ステーションワゴン・4WD等のSUVも市場では飽和状態になりかけており、
買い取り・販売価格ともに安定期から低迷期になりかけてもいる。

一方、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、
地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくい事から、
すぐ上の1000ccクラスよりも高査定が付くことが多い。